ZExcel 名前の定義選択

  • 「名前の定義選択」で行・列・セル可変集計

    新しい集計方法「名前の定義選択」によって、行・列・セル可変集計が可能になりました。

    可変集計には、「名前の定義選択」を使用する事によって、下記のメリットがあります。

    ・行、列、セル位置が集計対象ファイル毎に「同じでなくても」集計対象とすることが可能。

    ・行数、列数、セル数が集計対象ファイル毎に「加減があっても」「何個あるかわからなくても」集計対象とすることが可能。

    ・集計対象ファイル毎に「Excelレイアウトが異なっていても」集計対象とすることが可能。

  • 行、列、セル位置が「同じでなくても」集計可能

    Excelファイルに付けられている名前の定義名を集計対象とするので行、列、セル位置が同じでなくても集計できます。

    zexcel名前の定義選択1

  • 行、列、セルが「増えていた、減っていた、無かった...」でもキチンと集計可能

    何行か増えている可能性があるリストも集計

    zexcel名前の定義選択3